のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

イベント

2020あのクリスマッシブ忘年会

毎年恒例の日本酒の生熟燗を飲むあのイベントは開催されるのかどうなんだ、と心配して何度も問い合わせたが、無事開催されました。とても楽しみにしていたのでうれしい。 さまざまに時を経た火入れしていない日本酒が集結するこの会。一癖も二癖もある酒好き…

2020いにしえ忘年会「どろん」

こんなご時世でだいぶ減ってしまったけど、2020の忘年会の第一弾。今は移転先を検討中のいにしえ酒店の忘年会へ。朝10時に西新宿へ(行こうと思ったが起きたら9:30だったので遅刻)。 店内貸し切りで、少人数制。その代り、第1部・2部・打ち上げと分散して対…

キウイと「よこやま」の出会い

長崎県壱岐島で、日本酒づくりを復活させた重家酒造の横山さん。最近でた「よこやま」の夏吟を飲みながら蔵元さんと語るイベントに参加した。MCは、エッセイスト・酒ジャーナリストの葉石さん。zoomを利用したセミナー形式(ウェビナーというそうだ)で、参…

日本酒学園のオンライン文化祭へ参加

昼から日本酒学園の日本酒文化祭オンライン2020に参加。金虎の杜氏さん、剣菱と七賢、獺祭の蔵元さんの講座にでた。 金虎の大吟醸づくりの話の中で、「アル添」について興味深かった。 アル添した方が、酵母にストレスがかからなく、味がやさしく飲みやすさ…

[感想]金紋秋田さんの「蔵元オンライン飲み会」

日本酒の古酒「山吹」は、小瓶で売っているものをお土産によく買っていた。ラベルもかわいらしいし、少量なので、初めて古酒を飲む、という人にぴったりだと思う。 山吹を造る、金紋秋田さんオンライン飲み会は、熟成古酒4種類とコンビニで買えるお菓子やパ…

金紋秋田さんの「蔵元オンライン飲み会」

酒友だちから、いつもの飲み会のような感じでいいから…とそそのかされ、蔵元さんとのオンライン飲み会に出ることになった。 出るといってもタレントでもなんでもないので、蔵元さんのお酒を一緒に飲んで、ブレンドしたり、コンビニフードを食べ合わせをして…

路線図って、見ているだけで旅情を誘う

とても尊敬する友人が、2冊目の本を出した! ということで、神保町の書泉グランデのトークイベントへ行ってきた。これは、電車好きはもとより、旅好きの人にも響くのではないだろうか。 本には全国各地の路線図が掲載されている。東京や大阪など都心の複雑な…

自宅で「にいがた酒の陣」もとい「にいがた酒一揆」を楽しむ

雨は夜更けすぎに雪へと変わった。夜更け過ぎじゃなくて、昼過ぎだった。とにかく土曜日は寒い一日だった。 表参道へ行く用事があったので「青山三河屋」さんへ。新潟の酒でも買おうと思って立ち寄った。 というのも、その日はコロナで中止になった新潟酒の…

めくりめく蒸留酒の世界「ハイアルコールの会」

久々の清澄庭園。池の鴨の数が尋常じゃなかった。世界でも大量のバッタが出現して、農作物を食い荒らしているという異常事態のなか、ハイアルコールの会はおこなわれた。 こんなクレイジーな会の主催はもちろん、あの有名な酒ブロガーcongiro氏。このご時世…

下北沢B&B「<働くわたしたちと親の老い>会議」へ!

親の認知症・介護問題についてのトークイベント第二弾へ参加。今回は、お金がテーマ。祖父母の介護経験をレポ漫画にした青木ゆずこさん、さまざまな書籍を手がけ、自身も親の介護経験を本にしたフリーライター永峰英太郎さん、「子育て飛ばして介護かよ」を…

日本酒映画「カンパイ」を観つつ日本酒を飲みながら

ここのところ楽しいイベント続き。土曜日は、あの日本酒映画「カンパイ!日本酒に恋した女たち」の上映会をしながら日本酒を飲む会があるよ、という面白そうなお誘いを受けて行ってきた。よくお見かけする日本酒業界の某有名ブロガーK氏も来てた。 「カンパ…

寝て起きたらほとんど1日が終わってた

いやー、目覚ましかけないって最高。めっちゃ寝て、起きてビール飲んでたら電車乗り過ごして、楽しみにしてたイベントに遅刻した。 会は楽しかったです!覚えている限りを後で書きます! 酒量:たくさん

壱岐の「ひきとおし鍋を食べる会」へ

壱岐の名物のひとつに、ひきとおし鍋というものがある。地元の人は、年に1度くらいは食べるとか食べないとか。どういうものか気になって、壱岐に行ったとき食べたかったんだけど、他の予定もいろいろありすぎて断念。壱岐出身の方やその仲間の方たちが集まっ…

生熟酒だけを飲むあの!クリスマス会

毎年恒例、あの!コン先生の生熟会に、今年も行ってきた。写真は、いかにも怪しい会っていうダーク感を前面に出してみた。 毎年、発表と同時にすぐに埋まってしまうという人気イベント。ブログ読者には先行してお知らせしていたので、もしご興味ある方は年末…

師匠の15周年記念イベントで「はぁ」っていうゲーム

先生、おめでとう! ライターの師匠である米光さんが、ライター講座をはじめて15周年ということでお祝いイベントに行ってきた。ライター講座とは、池袋のコミュニティ・カレッジで行う「表現道場」と宣伝会議のライター・編集の上級講座のふたつ。米光先生が…

「幻舞」酒千蔵野さんと「蔵」橘倉酒造さんの蔵会へ

千野さんかわいかった。 友人からのお誘いで、五反田「方舟」の蔵会へ。私の日本酒チャクラを開いてくれた「幻舞」「川中島」の酒千蔵野の女性杜氏、千野真理子さんが来ると聞いて、楽しみだった。造りが始まって忙しい時期だけど、貴重なお酒も振る舞ってく…

両親の50th Anniversary

芸者さんを呼んで宴会をするのが、いま、一族の流行り。 両親の結婚50周年、金婚式ということで、今年5度目の秋田へ。酒好き秋田人は、世の流れに逆らい酒を飲むのです。健康ブームなんのその! とはいえ、健康も気になるお年頃。 宴会のごちそう。 娘たちか…

壱岐の日本酒を飲みながら日本酒を学ぶ講座で話してきた

とても貴重な体験だった! 壱岐で復活した日本酒を飲みながら、日本酒を学ぶセミナーをやりたい、というお話をもらったのが、今年の5月頃。夜、友人から突然電話がきて、なにごとかと思ったら、そんな話しだった。とある会社の方から相談されたそうだ。そん…

下北沢B&Bへ

久々の久々にB&Bへ。 編集の島影真奈美さん、料理家の金子文恵さん、ブロガーの和田亜希子さんが3人で、離れて暮らす親の認知症や介護について語る。「<働くわたしたちと親の老い>会議~『同居しない』という選択」。 もしうちの親が認知症になったら、たぶ…

O3さん主催「ゆるゆる土佐酒の会」へ

「小石川後楽園」東京に住んでたのに、土佐酒の会ではじめて知った。 くじらのアイコンの"くじらのおっちゃん"ことO3さん主催のイベント「ゆるゆる土佐酒の会」へ。今年3月にはじめて高知に行ってから、だいぶ高知びいき。しかも、O3さんはすごいお酒の猛者…

「茨城地酒まつりin花やしき2019」へ

いざ!浅草花やしきへ。 台風が近づいてあいにくの雨だったけど、予定どおり開催した!酒の相棒と呼びあう友人が、廣瀬商店のブースでお手伝いをしているというので、「花やしき行ったことがない!」という夫を連れて行ってきた。 乗り物では遊べないけど、…

日本酒の日を「メガネのメガネによるメガネのためのメガネ専用ナイト」で祝う

ふだんコンタクトレンズだけど、「メガネ専用」酒で乾杯! 10月1日、日本酒の日。今年は何週間も前から「日本酒で乾杯」祭りがはじまっていた。タイムラインが日本酒で乾杯のラッシュ。なんだか浮き足立ってしまった日本酒ファンも多かったのではないだろう…

「しまねの地酒フェア2019」でしまねの酒を飲み尽くす

島根県17蔵の酒が飲めた! 島根出身の友人から「島根の地酒イベントあるよ〜」と誘われ行ってきた。 にしても、こういうイベントについて書くのは、本当に難しい。なぜなら酔っ払って忘れるから。日本酒好きの友人は、飲んだお酒ごとにメモをしていた。見習…

あのcongiroさんの「降りたことのない駅で酒とつまみを買ってそれを持ち込む飲み会!」へ

知らない町の午後の風景。 先週の土曜日、超有名日本酒ブロガーcongiroさんの「降りたことのない駅で酒とつまみを買ってそれを持ち込む飲み会!」へ参加した。 ちなみに、國酒を愛してやまないcon先生が、またしても素晴らしい日本酒記事を書いてバズってい…

両国の「すみだ北斎美術館」で画狂老人卍の人生を知る

両国にあるすみだ北斎美術館。手前の遊具までアートの一部のよう。 行ったのは少し前。この近くのスーパー銭湯に行ったついでに寄ってみた。2016年にできたらしい。両国って、駅前に大きな観光施設がたくさんあって、インバウンドに力を入れている雰囲気がす…

週末のお花見と日本酒尽くし

もうだいぶ桜散ったかな。 先週の土曜日は、舎人公園へお花見に。「千本桜まつり」で賑わっていた。 初めて舎人公園にきたのは、昨年のGW。超絶インドア派の私にとって、この公園はとにかく広く感じて、それだけで「いい!」と思えた。 空が大きくてスカッと…

幻の日本酒バー「hashicco」の復活に向けて

「飲んでもらいたい酒の会」会場、清澄庭園 涼亭。 久々に脳が痺れるほど飲んだ。 痺れるような酒ばかり集まったせいだ。23日(土)に行なわれた、あのcongiroさん主催の「飲んでもらいたい酒の会」。ぜんぜんゆるくない、一定レベルのマニアックさのある会…

冷凍解凍サカエマスその後

清水屋酒造、杜氏の渋谷さん。 なにっっっっひとつ進んでいない。やること多すぎ沼にいる。けど、いにしえ酒店のイベントへ行ってきた。現実逃避とはこのことよ! 今回は、群馬の清水屋酒造さんのSAKAEMASUを米違い、醸造年違い、生・火入れ違い、劣化判定し…

運気をあげる方法をずっと考えている

光り輝くものにあやかりたい気分。 悪い運気がまだ続いている。 SDカードが復活しない(もう物理的にダメだが諦めきれない) ジムでTシャツを後ろ前、逆に着てた(首が苦しかった) 打ち合わせの日にちと時間を間違えてWブッキング(ひらあやまり) 仕事がぜ…

クリスマス・イブに、フーターズ女子から刺激を受けた

眩しすぎる場所でした。 ずっと共学だったせいか、女性ばかりの集団というのはちょっと苦手だった。が、3年くらい前から、"女子部JAPAN"という女子コミュニティの活動に関わるようになって、なかなかどうして、女子集団も面白いなーと思うようになった。どこ…