のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

日本酒

スマホにくっついて離れない猫の毛

向かいのマンションが取り壊し中のため、平日昼はガタゴトうるさい。しかし、こういうシーンもなかなか貴重ではないかと思い直し写真に残してみた。なんと言うか、シュールな絵面だ。ふだん頑丈だと思っている鉄筋コンクリートの建物も、案外あっけなく壊れ…

大塚「YODARE」で刺し身&日本酒

金曜日の仕事おわりに、夫と大塚の日本酒居酒屋「YODARE」へ行った。ふたりとも疲れてたので、外食に異議なしだった。 誰が呼んだか日本酒の聖地「大塚」。よい店はたくさんある。そんな中で「YODARE」はカジュアルな雰囲気で、気軽にひょいっと入れるタイプ…

ようやく球磨焼酎にたどりつく

十条、酒の大林で、球磨焼酎「球磨の泉」をゲット。球磨郡多良木町。地域的には多大な被害を受けていたけれど、酒造場は大丈夫だったのかな。ロックで飲んだけど、とっても美味しかった。 ここ数日、なかなか疲れがとれなくて、美味しい以外、あまり言葉がで…

「シン・ツチダ」の受け取りに行って飲みすぎた土曜日

取り置きしてもらっていた「シン・ツチダ」を取りに SAKE Streetへ。案の定、立呑みで飲みすぎた。 SAKEStにある舞美人の全ラインナップ(8種類)を試飲して、いったん帰ろうか…となったけど、やっぱり気になる酒を片っ端から呑みはじめてしまった。 またい…

「第一回 玉柏愛飲家 全国統一模擬試験」に挑戦

酒友が教えてくれた「玉柏」の全国模試酒。飲んでお酒のスペックを当てるというもの。ラベルに問題が6問あって、お米の種類や精米歩合、酸度、酒度、活性炭濾過の有無、火入れ回数を答える。バーコードを読み取るとフォームが用意されていて、そこに記入して…

七夕月見酒

今日は七夕。毎年、天気が悪いことで有名なあの七夕。 twitterは、DATE7とか、七夕にちなんだお酒であふれていた。たしかうちにも飛良泉の丸飛no.77があったはず!と思って探したら、9aってやつだった…。77は飲み切ってしもうた。無念。 ということで、秋田…

甘いワインと舞美人

風の気持ちいい日曜日。夜は、スーパーで北海道ワインを買った。ラベルに生ワインって、書いていた。ついにワインも生の時代がきたようです。ん?そもそもワインって火入れするの?ワインについて、ほんとに何も知らなかった。 で、Google先生にたずねる。 a…

馬喰町「むさし乃」で考える。五百万石好きはなんて呼んだらいいのか。

久々に、日本酒好きな友人と日本酒的なお店で日本酒を飲んだ。「むさし乃」は、馬喰町と書いていたけど、よく見たら浅草橋の駅が近かった。浅草橋といえば、SAKEストさんがある。帰りに空いてたら寄ろうかなぁと思ったけど、そんな遅くまでやってなかった。…

日本酒元年おめでとう!

日本酒のBYが変わる7月1日!あけましておめでとう! 梅雨終わってないけど、夏だ〜!もう夏といっても過言ではない。 しかし、おでこに吹き出物がでたり、体重が減らなかったり、どうも冴えない。それにせっかく日本酒の日なのに、眠れなくなってヤクルト飲…

日本酒を知りたい需要を考える

先日、飲んでいた席で「日本酒好きなんですね。私も知りたいです!教えてください」と言われ、え、なんだかうれしいなぁ、、なんでも聞いて!と思う一方で、「日本酒の何を知りたいのだろう…」という疑問がわいた。 そんなとき「何を知りたいんですか?」と…

写真の枚数ハンパないくらい飲んだぞ

美味しい酒肴とともに、26種類くらいのみほした!そんな夜。 今日はほんまにほんまにほんまに素敵な日やった!慣れない関西弁がでるほどに。 また改めて、アップするはず!明日は早起きのため寝るぞ! 酒量: ビールグラス1杯 日本酒∞

白鶴、若手三部作「陽だまりのシュノーケル」

白鶴、別鶴の陽だまりのシュノーケルを飲み終えた。 昨年、クラウドファンディングで購入したもの。灘の大手、白鶴酒造の若手社員が企画して造った別鶴シリーズのひとつ。 低アルだが濃醇。甘&酸のやや甘より。柑橘系フルーツの皮のほろ苦さ、と書いてあった…

月に吠える!「光栄菊 白月」

酒ストさんで、購入した光栄菊。前回は青春の甘酸っぱさのある黄昏オレンジだったけど、今回の名前は白月。明るく輝く月。裏ラベルには犬の遠吠えが聞こえてくるようなイラストつきで、情緒ある。 こういうので、1割増し美味しく感じてしまう。脳の不思議さ…

美味しい酒肴で生き返る

大塚の「地酒や もっと」へ。ずらりと並ぶ、純米酒ラインナップ。壁には、軽快→濃醇、さわやか→ふくよかの2つのスケールで並べられていて、選びやすい。いわゆるカプロン酸エチル系のフルーティなタイプが見当たらない。代わりに燗で伸びそうなタイプのお酒…

複雑さをもたらす苦味

濡れたワイシャツのような磯自慢を飲んでいた。一升瓶で買ったので、何度も楽しめる。 某実の姉が言っていたのだが、4合瓶はあっという間になくなるのでその酒を飲んだ実感がない。本当にその酒を味わったと思えるには一升瓶じゃないとダメだ。正確じゃない…

魅力的なオンラインイベントめじろ押し。

茨城、廣瀬酒造さんの「白菊」。今年の2月頃、蔵に伺ったとき、購入したもの。改めて飲むと、蔵で飲んだとき違うように感じる。なめらかな舌触り。香り穏やか、シンプルだけど、つまみを選ばずに楽しめる。 オフラインの楽しみも少しづつ増えてきてるけど、…

香港カンフー映画『イップ・マン』3作一気見

非常事態宣言が解除されたけど、在宅ワークが続いているので、気を緩めていいのかよく分からない。気楽といえば気楽だけど、毎日、風景が変わらないのは、どことなく閉塞感を感じる。窓から見える景色が、田んぼからマンションに変わっただけじゃないのか。 …

英語で日本酒を学ぶ

ロンドンに拠点をおく世界最大のワイン教育機関WSET。たしか3年前くらいから日本酒のコースWSET SAKE Level1、Level3ができた。(なぜかLevel2はない) 「いつかチャレンジしたいな!」と思いながらも、SAKE Diploma International に落ちてから、自分の英語…

キウイと「よこやま」の出会い

長崎県壱岐島で、日本酒づくりを復活させた重家酒造の横山さん。最近でた「よこやま」の夏吟を飲みながら蔵元さんと語るイベントに参加した。MCは、エッセイスト・酒ジャーナリストの葉石さん。zoomを利用したセミナー形式(ウェビナーというそうだ)で、参…

冷蔵庫で迷子になるまえに

絶対に忘れるので、レマコムに入れる前に、最近新しく買った酒のお披露目。光栄菊と不老泉は、浅草橋のSAKEStreetさんで。不老泉山廃純米吟醸は瞬時になくなったので、リピート。お店に在庫はまだ豊富だった。 甲子アップルは、リンゴリキュールと日本酒のブ…

ぴちぴちとした新酒の達磨さん

「だるま正宗」さんの熟成用に仕込んだ生原酒の新酒をネットで購入。絞りの時期に蔵に行くと飲ませてもらえる、と聞いて一度飲んでみたいなぁ…と思っていた。 度重なるイベント中止で余ったお酒が買えることをSNSで聞き、即ポチっと。 ◆お願いしますm(__)m熟…

日本酒学園のオンライン文化祭へ参加

昼から日本酒学園の日本酒文化祭オンライン2020に参加。金虎の杜氏さん、剣菱と七賢、獺祭の蔵元さんの講座にでた。 金虎の大吟醸づくりの話の中で、「アル添」について興味深かった。 アル添した方が、酵母にストレスがかからなく、味がやさしく飲みやすさ…

[日記]二日酔いモヤモヤ

二日酔いやら一週間の疲れやらで、昼すぎてもボケっとしてた。藤井風をくりかえし聞きながらウトウト。歌詞の方言がいいなぁ。「じゃけ」系は、広島の方言を思い出す。ジャズっぽさと意外に合う。 秋田弁…というか東北訛りの歌詞だと120%演歌になる。なんと…

[感想]金紋秋田さんの「蔵元オンライン飲み会」

日本酒の古酒「山吹」は、小瓶で売っているものをお土産によく買っていた。ラベルもかわいらしいし、少量なので、初めて古酒を飲む、という人にぴったりだと思う。 山吹を造る、金紋秋田さんオンライン飲み会は、熟成古酒4種類とコンビニで買えるお菓子やパ…

金紋秋田さんの「蔵元オンライン飲み会」

酒友だちから、いつもの飲み会のような感じでいいから…とそそのかされ、蔵元さんとのオンライン飲み会に出ることになった。 出るといってもタレントでもなんでもないので、蔵元さんのお酒を一緒に飲んで、ブレンドしたり、コンビニフードを食べ合わせをして…

右脳が圧倒的に勝つ「不老泉」

思うところあって、冷蔵庫の中のとっておきの酒をどんどん飲むことにしている。「不老泉」山廃純米吟醸うすにごりは、コロナ前に浅草橋のSAKEStreetで購入したもの。レマコムの中で迷子になっていたところを救出。 右脳が勝って、どういうお酒だと説明しよう…

「光栄菊」は黄昏てないと思うのだけど

SNSなどでよく見かけるので、たまらなくなって購入。光栄菊黄昏orange。なにがそんなに多くの人を魅了するのか? 光栄菊は、佐賀で廃業した酒蔵を有志が集って立て直して造られたお酒。愛知で菊鷹を造っていた杜氏さんも仲間に加わり実現できたそうな。 その…

ほんもののバナナ食べてるみたいな「天吹」

花酵母に力を入れてる佐賀県の天吹さん。イチゴ酵母はそこまでイチゴ風味がなかったらしいけど、バナナはすごくバナナになったとのこと。日曜に伊勢五さんで購入した。天吹 純米大吟醸 バナナ酵母。 さっそく開封。これはこれはバナナ。イソ系のバナナ強めの…

沢の鶴「100人の利酒師」テイスティング

SAKETIMESさんの紹介から沢の鶴さんのご依頼を受けて、「100人の利酒師」PRのための試飲に参加。灘からお酒が届いた。これはまだ非売品だけど、先行販売はされていて、一般には9月発売の予定だそうだ。 なんといってもラベルのイラストのほのぼのとしたゆる…

ショット・ガンからサムライ・ロック

薄暗いバーで、カウンターに「ダンッ」とグラスを打ちつけてカッと飲み干す。あのテキーラ、ショット・ガンがやりたくて、テキーラ、シロップ、炭酸水を用意した。 ダンッ! グッと飲み干す 甘い! 甘いと人間の脳はアルコールを感じにくくなる。つまり飲み…