のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

昼の四ツ谷編

f:id:skyfrogs:20190821005815j:plain

雲が重そう。天気が良くなかったのは、すこし残念。

テレ東のWBSでは、サンマが話題になっていたけど、もう夏は終わったのだろうか。

夏休み前、いろいろ締め切りに間に合わないというひどい事態になった。これが心を亡くすってやつか、を久々に経験。ほうぼうに、特に身内に迷惑かけたかも。申し訳ない次第です。

でも、実家の秋田に帰省すると決めてた日には、だいたいのことが落ち着いた。迷惑かけたり力不足を再認識したりショックな出来事があったり、にがい日々だったけど、得たものもあったと思う。思いたい。

そんで夏休みがやってきて、食べて、飲んで、眠って、映画を見まくって体重が1.2キロ増えて、あっという間に終わった。

 

秋田から戻ってきてすぐに、2日続けて四ツ谷で飲んだ。どちらも日本酒飲み放題のお店(それは「夜の四ツ谷編」で)。秋田から四ツ谷へ。秋田といっても都市部ではなく、見渡すかぎりの田んぼ地帯からの大人の歓楽街四ツ谷へ。

 

と、それはおいといて。珍しくお昼に四ツ谷へ行く機会があって。昼の四ツ谷は、南北線の乗り換えで通り過ぎるだけの町なんだけど、ふと改めて、四ツ谷っていいな〜と思った。で、なんでいいな〜と思ったのか、ちょっと考えてみようと思って歩いてみた。

f:id:skyfrogs:20190821005820j:plain

なんていうか、なんかいい。

f:id:skyfrogs:20190821005824j:plain

緑と建築物のバランスだろうか。高低差だろうか。電車か…?

 

お昼ごはんを食べたり「しんみち通り」を歩いたりしてみた。

f:id:skyfrogs:20190821010027j:plain
f:id:skyfrogs:20190821010051j:plain
夜に行った「かいのみ」も見つけた!

といってもすぐ道に迷うので、市ヶ谷に向かって緑の多い方へ歩いてみた。

f:id:skyfrogs:20190821005830j:plain
f:id:skyfrogs:20190821005837j:plain
なんか、野放図っていうか。自然のままって感じがいい。
f:id:skyfrogs:20190821005842j:plain
f:id:skyfrogs:20190821005848j:plain
グリーンオブグリーン。

よく考えたら、もう四ツ谷じゃないのか。道じたいが公園になっている。外濠公園というそうだ。歩いていたら、視界全部が緑になった。鬱蒼とした木に囲まれて、すれ違ったのは2人だけ。人の数よりセミの数の方が多かった。セミの死骸にアリがたかってるのも見た。生きるってこういうことか。

もし、今、セミが大群で襲ってきたら、自分なんてひとたまりもないと思ったら怖くなった。小さい頃見た映画を思い出した。アリや蜘蛛がまとまって襲ってくるようなやつ。自然怖い。お化け屋敷より怖い。涼しさを感じたい方は、ぜひ外濠公園へ。でも、なんかいいんだよなぁ。

f:id:skyfrogs:20190821005853j:plain

公園の終わりが見えてきた。

f:id:skyfrogs:20190821005858j:plain

さすがに乗らなかった。

けっきょく昼の四ツ谷に感じた魅力は、駅周辺の緑と建物のバランスと、都心の中にあるにもかかわらず、野趣あふれる雰囲気だったってことかな。パワースポットだったりするのかな。高低差のある地形なのかも。うまく言葉にできてないけど、そんな感じ。

ついでに、けたたましく鳴くセミの声を聞いて、いっそう夏の終わりを感じた。あーしかし歩いた。

 

ちなみに秋田の大仙市民が感じる夏の終わりは、なんといっても大曲の花火! 花火が終わるイコール秋の到来なのだ。毎年第3だったか第4土曜日なんだけど、今年は最終土曜になったらしい。今年はいくぞ!

 

夜、オブジェのように10年来(もっとかな?)置いてた「大曲の花火 梅酒」を出来心で空けてみた。澱がすごかった。

f:id:skyfrogs:20190821005902j:plain
f:id:skyfrogs:20190821005908j:plain
甘いけど苦い。

 

酒量:梅酒少々・日本酒半合