のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

お通しがすごいという「田酔」神保町店へ

f:id:skyfrogs:20191025131128j:plain

ちょっとずついろいろ系のおつまみって、心惹かれる。

日本酒好きが集まる飲み会へ。「田酔」さんは、お通しがすごいことで有名らしい。お通しがすごい、と聞くと、神田の「かんだ光壽」が思い浮かぶ。あそこもお通しにプラスしてマグロを注文すると、だいたいお腹いっぱいになる。

 

「田酔」は、本店が人形町。都内に4店舗できてるそうで、神保町もそのひとつだ。となりにある天ぷらの「はちまき」には、何度もお昼を食べに通ってたけど、ここのお店には入ったことなかった。けっこう穴場!

f:id:skyfrogs:20191025114929j:plain

こちらもお通し。ほわほわした揚げ出し。うまーーい。

お酒のラインナップは、新政、飛露喜、作、而今鳳凰美田…などなど、今をときめく銘柄が並ぶ。あと、仙禽推しのようだった。

f:id:skyfrogs:20191025131144j:plain

入り口には仙禽の菰樽。

7人で、王祿→山形正宗→奥播磨(燗)→鳳凰美田→南→貴(燗)→……

飲みましたなー。最初冷たかった山形正宗が常温に近づいたら、すっごく旨味がでてきて、温度変化による変わりように感動した。温度って大事だなー。お燗の季節だし、温度が気になる今日このごろ。

 

お酒は、とっくりに入れてもってきてくれるタイプなので、ラベル写真がない…。南と貴は、たまたま持ってきてくれた。

f:id:skyfrogs:20191025131131j:plain
f:id:skyfrogs:20191025114948j:plain
南の純米吟醸。生酒のような感じしたけど、火入れだった。
f:id:skyfrogs:20191025131135j:plain
f:id:skyfrogs:20191025115008j:plain
貴のふかまり、50度まであげて45度くらいの燗酒で。

お料理はお通し以外にも、いろいろ美味しかった!

f:id:skyfrogs:20191025114939j:plain

刺盛り。カルパッチョとか、ちょっと洋の要素が入ってた。

f:id:skyfrogs:20191025114944j:plain

何かとチーズの春巻きだったかな?アップルパイみたいな味がした。

つまみはバリバリの和ではなく、ちょっと洋の要素が入ってて良かった。お通しの牛肉ポルチーニの時雨煮は、ミートソースみたいな味でびっくりした。仙禽推しの理由がなんとなく分かったかも。

 

某酒蔵PR担当の方のはからいで、某酒を特別に試飲させていただいた。うれしいサプライズ!やったー!ありがとうございます。

f:id:skyfrogs:20191025114957j:plain

特別に頼み込んでの試飲。ふだんは持ち込みNG。

 

 

最後は、お店のスペシャリテ的なトリュフごはん。

f:id:skyfrogs:20191025115004j:plain

これは、酒のつまみになる!

食べきれない分はおにぎりにしてくれた。

 

酒米の違いって、味で判別つかないよねっ〜て話になって、まったくその通りだよね〜みたいな話題になったとき、ひとりが(お酒の卸しの会社に勤める方)「でも、オレたちがそれを諦めてどうする!」と言ってたのが、すごくハッとして印象に残った。

そうだ! オレも諦めないぞ。

 

お店の居心地が最高に良かったため長居してしまった。楽しかったな。

 

酒量:ビールグラス1杯 日本酒2合くらい?