のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

獺祭まつり

f:id:skyfrogs:20191127000344j:plain

桃みたいな香りの獺祭 寒造早槽。

獺祭が我が家にやってきたので、獺祭まつり。寒造早槽は、獺祭バーで飲んで美味しかった記憶がある。桃系フルーティ、ちょっと粘土っぽさというか、生酒っぽさなのか、口あたりはひたすらまろやか&軽やか。50から、45になって、苦味も抑えられたような。

 

で、酔ったついでに、しつこくアッサンブラージュやってみた。獺祭にほんのちょっとだけ勝山「元」をプラス。甘いので入れすぎるとすべてを支配してしまう。

f:id:skyfrogs:20191127000350j:plain

勝山「元」は、あまーい貴醸酒。

缶詰の黄色い桃になったような変化。風邪ひいたときに食べたやつ。

 

続いて、獺祭にメガネ専用酒を3:1くらいで。元より多めだけど、やっぱり少なめに。

f:id:skyfrogs:20191127000405j:plain

甘いけど酸味もたっぷりのメガネ酒。

乳酸の香りが、きわだった! 甘旨酸のミックスジュース。

 

やっぱりワインのときみたいに複雑味を増すことでまるくなる感じ。混ぜることは、個性をなくすことかもしれない。

 

こんくらいジャンクなものが良くあう。

f:id:skyfrogs:20191127000358j:plain

沖縄土産のミミガージャーキーうまい!

そして舌が麻痺。

 

酒量:日本酒1合