のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

生酒ブレンド熟成

f:id:skyfrogs:20191216110250j:plain

土曜日は、あのコン先生の生熟イベントがある、ということで、何を持っていこうかな〜と物色していた。他の参加者の方も言ってたけど、熟成は(勝手に)してても、火入れものがけっこう多い。

 

どうせなら秋田のお酒を…と思うのだけど、冷蔵庫での熟成はきれいすぎて数年だとほとんど変わらない。常温で置けばいいんだけど、なんとなくまだ冷蔵庫の方がいい熟成になりそうなお酒が多いのでそうしてた。

そんな中でも、開封後常温で放置していた「雪の茅舎 荒走」と「美酒の設計」は、同じ蔵だからブレンドしても違和感ないだろう考えたけど、「美酒の設計」は火入れだったので悩む。

 

コン先生に火入れとブレンドしていいかと聞いたら、「名目上ダメだけど勝手に持ってくる分にはかまわんよ」という返事だった。交通ルールはしっかり守るタイプの人間なので、やっぱり生にこだわろうと思い、火入れブレンドはやめにした。

 

で「秀よし しぼりたて純米酒 生」も秋田だからいいだろうと混ぜてみた。で、飲んでみたら、酸がおもしろい感じででていて、味はかなりいいけど、まだ"熟"感がでてきてない! なので、ブレンドしたまま、熟成させてみようと思う。ということで、最終的には違うお酒を持っていった。これは来年以降か、なにか違う機会のときまであたためておこう。

 

ちなみになぜブレンドしようかと思ったかというと、どれも2合づつ余っていたので、一升瓶を微妙な量で2本もっていくのは重いなーと思ったからで、味がうんぬんではない。

 

いやー。後から書いてるブログだからアレだけど、イベントはマジ楽しかった。たぶん、どっち持っていっても楽しかったから、どっちでもよかっただろうな。

 

酒量:日本酒1合