のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

『STAR WARS ep9 スカイウォーカーの夜明け』で大団円を迎えたのか?(ネタバレあり)

f:id:skyfrogs:20191229121815j:image

年末感漂う池袋で、『STAR WARS 』のシリーズ最後になるであろう、ep9を鑑賞。細かなところを置いとくと、なるべくしてなった真っ当な終わり方だったと思う。要するに、映像もストーリーも、ザ・正しいエンタメとして、十分に楽しめた!

 

賛否両論はどんな映画にもつきもので、それが面白いところだろうけど、この終わり方については、どこに文句があるのか。

 

目があっただけでケンカ売ってくるヤンキーみたいな見方をすると、終わり方が優等生すぎるのと、なんの布石もなく「実は〇〇の血を引いていた」というのは、ちょっとイケてない。

「実は私たち兄妹だった」となったときのユジンとチュンサンみたいな。そんくらいか。

 

一度は闇落ちしたレンが、ふたたびライトサイドに戻ってこれたのは、ただただ良かったと思う。それもまた勇気だ。自分が間違えてたと思ったらいつでもやり直しがきく、っていう優しい道徳観がある。しかし、光落ちと呼ぶのはなぜだ。とはいえ、ダークサイドから見た、宇宙史というのも面白いかもしれない。

 

いちばん、むむ? となったのは、やはりレイがパルパティーンの孫だったというとこ。パルパティーンって、ヨーダみたいなヒューマノイドだと思ってたら、ふつーに人間だったのか。何がどうしてどうなって、あんなかわいい孫ができるの? レイの出生の秘密みたいなのは、サイドストーリーで映画化してほしい。

 

あ、もしかして、その辺ってアニメ版で明かされてたりするのかな…? 沼が深すぎて分からん。

 

わたしもチューイと一緒に、大事な人が亡くなったらヴォォォォーって鳴いて、仲間のために弓をもって勇敢に戦いたい。ウーキー族万歳!

 

夫は、なんで宇宙空間で煙や音がでるのか気になってしょうがないようだった。高度な科学が一周まわってアナログ表現を採用したのではないか? という結論で納得してもらった。

 

f:id:skyfrogs:20191229125653j:image

 

酒量:ビール グラス2杯