のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

寄り道して盛岡で麺を堪能

f:id:skyfrogs:20191231164510j:plain

夜の盛岡八幡神社で、三日月が撮れた。

 

盛岡といえば、冷麺、じゃじゃ麺、それから、わんこそば。実は、麺天国だった。

 

ということで、盛岡3大麺を制覇する。まずは、盛岡冷麺の元祖と言われる食道園に来た。

f:id:skyfrogs:20200105102254j:image

東京にある食道園とは無関係。

 

↓このへんの記事が詳しい。

rocketnews24.com

 

ここの冷麺の弾力描写がすごいな。

それでは、いただきます。ツルンとした麺をズズッとすすると……お、おお! なんという弾力! なんという歯応えッ!! コレコレ、これなんだよ盛岡冷麺は。私はこの食感を求めていたんだぜ! にしても……すんげぇコシだ。え、こんなに弾む? ってくらい、思い切り押し返してきやがる。反抗期かよ。

 

↓元祖である所以がちょっと書いてる。

観光スポット|いわての旅:岩手県観光ポータルサイト「いわての旅」

昭和29(1954)年創業、盛岡冷麺の元祖の焼肉冷麺の店。先代の故青木輝人さんが辛みのないあっさりした平壌冷麺に、故郷・咸興の辛みのある冷麺の味をミックスして盛岡冷麺が誕生した。

 

ふむふむ。

 

まずは、盛岡のクラフトビール、ベアレンで乾杯。儀式。
f:id:skyfrogs:20200105104427j:image

 

さっそくいただきます。1軒目でもほどよく食べて飲んだけど、まだ冷麺の分の胃袋を残しておいたので、余裕で食べれる。
f:id:skyfrogs:20200105102242j:image

焼き肉屋で食べる韓国風冷麺とは麺が違う。

マジで弾力すごい。ある程度の吸引力がないと、喉に引っかかりそうで怖いくらい。これは、餅を食べるときと同じくらいの警戒心が必要だと思う。スープは、甘酸辛がほどよく混ざって、美味しい〜!! トッピングされているジャーキーみたいな牛肉も、味が凝縮してて美味しかった。

 

せっかくだから、肉も少し注文して食べたら、もうお腹いっぱい。

 

夜は温泉に入って寝ようかと思ったら、宿にあった漫画『キングダム』にハマってしまい、夜更かし。休みって楽しいな。

 

さ、じゃじゃ麺食べに行こう!
f:id:skyfrogs:20200105102236j:image

 

白龍と書いてパイロン。本店は、盛岡八幡神社の参道近くにあったけど、時間の都合上、駅にある支店へ。

f:id:skyfrogs:20200105102250j:image

盛岡じゃじゃ麺【白龍】パイロン

 

パイロンのじゃじゃ麺は、一度で二度美味しい。

小中大と大きさが選べるけど、小でも普通くらいの量がある。

うどんのようなやわらかな麺にきゅうりと肉味噌がのっている。皿の横には、紅生姜のかたまりと漬け物。

f:id:skyfrogs:20200105102246j:image

肉味噌と麺を混ぜていただく。麺を1/3だけ残して、生卵を割り入れる。

f:id:skyfrogs:20200105143703j:image

生卵をくずして、お店の人に「ちいたんたん、ください」と頼む。

お店の人がスープと肉味噌を少し足してくれて、ちいたんたんの完成!
f:id:skyfrogs:20200105102233j:image

↓正しい食べ方

http://www.pairon.iwate.jp/jajamen.html

 

ちなみに、タンタンとは、イタリア語でおばちゃんという意味もある。

 

麺を堪能したら、いざ秋田へ。盛岡から、新幹線こまちで1時間以内。盛岡から秋田へ向かう新幹線は遅い…。山がたくさんあるので、電波も悪い。

新幹線に乗ると条件反射でビールを買ってしまう…。

銀河高原ビールの椀子麦酒。

f:id:skyfrogs:20200105102351j:image

椀子蕎麦の代わりに飲んだ。

 

昼過ぎくらいに実家へ。近所のだれかにいただいたという手造りのどぶろく。うまい!f:id:skyfrogs:20200105102227j:image

 

あ、ちなみに、盛岡の3大麺の最後は、ドーミーインの夜鳴きそばで締めた。

f:id:skyfrogs:20200105144901j:image

 

酒量:瓶ビール 1本 どぶろく2合