のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

麒麟山生辛とせき

f:id:skyfrogs:20200124221445j:image

焼酎を飲んでから日本酒へ移るという逆転現象。

 

焼酎は、鹿児島に行った時にコセド酒店で買った芋焼酎「せき」。西酒造で造ったお店オリジナル。富乃宝山に似てる。柑橘っぽいスッキリ芋。

富乃宝山はロックで飲むのが一番と思ってたけど、これは炭酸割りでもいい感じ。ビール代わりに…と思いつつ、やっぱりどうしたってビールの代わりにはならないな。美味しいけど。ビールはビールというものであり、炭酸の爽快さだけでは太刀打ちできない。

 

それから、昨年新潟行った時に買った「麒麟山 生辛」。開けてから放置してたもの。それが、とってもいい感じになっていた!これは、ゆるゆるとぐいぐいいけるなぁ。ゆっくり飲もう。

 

明日は、極寒の北海道へ行く。気温を見たら-6度になってた。マジか。今年、暖冬なんじゃなかったの? 雪もざんざん降るようだ。当たりといえば当たりかな。雪のない北海道よりも雪のある北海道の方が冬の情緒としては良いではないか!負け惜しみじゃないよ。

雪まつりもまだ始まらない時期に行く。人生って、都合のいいようにはいかないものだなぁ。

 

てことで、早く寝ます!

 

酒量:焼酎炭酸割り1杯 日本酒1合