のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

鶯谷のまちあかり「食堂おぼろ」

f:id:skyfrogs:20200224234055j:plain

夫の友人の奥さまがお店をやっていると聞いて行ってきた。場所は鶯谷。駅の北口から荻の湯方面に少し歩く。

暗がりの中にぽっかりと「食堂おぼろ」のあかりが見えた。

f:id:skyfrogs:20200224234050j:plain

お店は、きほん金土日の夜のみオープン。なんとなく深夜食堂を彷彿させるけど、深夜はやってないはず。

 

カウンターは、5〜6席くらい、あとテーブル席が2つくらいあったように見えた。奥には個室もあるっぽいけど、友人奥さまがワンオペでやっているので、予約専門のようだった。

カウンターの端っこを陣取って、ビールでカンパイ。

 

前菜的な盛り合わせをいただく。人参のあえもの、じゃがいもとセロリ、ピンク色に染まったカリフラワーのピクルス、黒豆…どれも美味しくて、色合いもかわいらしい。

f:id:skyfrogs:20200224234101j:plain

なんていうか、いろんな料理に女性的なセンスを感じさせる。

れんこん明太子を詰め焼き。

f:id:skyfrogs:20200224234108j:plain

 

ピーマンの春巻き。このパリパリ感は癖になる!

f:id:skyfrogs:20200224234112j:plain

 

なにかしらの湯割りを飲んでいた。なんだったっけ…。

f:id:skyfrogs:20200224234104j:plain

 

おでん盛り合わせ。どれもお出汁がしみしみ〜。

f:id:skyfrogs:20200224234116j:plain

 

そしたらやっぱり、燗酒だ。神亀のひこ孫をいただいた。うめー!

f:id:skyfrogs:20200224234121j:plain

夫の友人もお子さんと一緒に来る予定だったけど、なにやら流血事件が起きたようで、残念ながら会えなかった。その後、流血方面は大丈夫だったのだろうか…。子どもがいるっていつも心配事が耐えなくて大変だな。

 

メニューにはないお酒を発見。ずうずうしくも飲ませてもらった。

f:id:skyfrogs:20200224234125j:plain

泡盛ソーダ割り。独特のクセがいい感じ。これ好きだな〜。

ソーダ割りもメニューにないのだけど、ずうずうしくもお願いしたら「いいですよ!」と心よく対応してもらえた。これが、深夜食堂の「あるよ!」に似ている感じがしたのだった。

 

そしたらカレーも食べちゃうよね。

f:id:skyfrogs:20200224234129j:plain

おいしい。スパイスがほどよくきいたさらさらカレーに、玄米ごはん。

これが最後のひと皿だったようで、後から来たお客さんが、「カレーある?」って聞いて「ないよ!」って返事だった。すんません。

 

後で知ったのだけど、この「食堂おぼろ」の2階は、キノネアトリエというシェアオフィスになっているようだ。食堂付きのシェアオフィス。いいな〜!借り主同士の交流も自然にできそうだな。

 

はぁ〜しかし、毎日奥さんの手料理がこんなだったら、旦那さんはなんて幸せなんだろう。料理ってやっぱり愛情表現だよなぁ。料理本を眺めるのは好きだけど、結局は適当料理になってしまう我が身を反省。わたしも料理特訓しよっかな!

 

酒量:ビール1杯 焼酎(たぶん)湯割り1杯 日本酒半合 泡盛1杯