のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

ホンモノのビールとはご褒美感

f:id:skyfrogs:20200517001351j:image

最近、いろんなビールもどきがでていて、安いのでたまに買ってみるのけど、なにがどう違うのか分からない。

つまり、なにがどう違うか分からない時点で、もうビールもどきの勝ちなのかもしれない。

じゃあ、どのくらい違うのか?というので、同じサントリーで、プレモル神泡と新ジャンルのサントリーブルーを飲み比べてみた。

新ジャンルとは、発泡酒ベースに小麦よリキュールをブレンドしたもので、酒類の中ではリキュールというカテゴリーになるそうだ。

 

実は最初、ブラインドで飲んだら間違えた。神泡の方は、泡が多めでブルーはほとんどないので、その時点で気づけたはずなのに。。くやしい。

ブルーの方がスッキリだけど、コクというか中間でグッとくる膨らみがある。一方、神泡の方は、喉越しまでスーッとスムーズ。

どっちがいいとか悪いとかはないけど、神泡の方が後味にほんわりとご褒美感がでてくる。なんていうか、「あ、おいしい…」と言わせるなにか。アートとかデザインでも、理由もなく「あ、これはいいな…」と思える感じがあるけど、そんな感じか。違うか。

 

ま、とにかく後味がすごくいいってことは確か。このご褒美感が値段の違いと言ったらそうなのかも。間違えた私が言うんだから間違いない。

 

酒量:ビール500ml