のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

美味しい酒肴で生き返る

f:id:skyfrogs:20200612231833j:image

大塚の「地酒や もっと」へ。ずらりと並ぶ、純米酒ラインナップ。壁には、軽快→濃醇、さわやか→ふくよかの2つのスケールで並べられていて、選びやすい。いわゆるカプロン酸エチル系のフルーティなタイプが見当たらない。代わりに燗で伸びそうなタイプのお酒が多い。

こんなお店は、お料理に期待できる。そして予想どおり、丁寧で旬の食材を使った美味しい酒肴だらけでした。

鱧とじゅんさい、夏野菜の酢の物。お酢の酸味がスッキリして目がさめる。
f:id:skyfrogs:20200612231817j:image

とうもろこしの天ぷら with 塩。夏がきた。

f:id:skyfrogs:20200612231820j:image

お刺身盛り合わせ。ねっとりとしたイカが美味しい。

f:id:skyfrogs:20200612231826j:image

地鶏の山椒醤油焼き(たしか…)。

f:id:skyfrogs:20200612231829j:image

チーズの酒粕漬け。あと、水なすの梅肉和えもおいしかった〜。

f:id:skyfrogs:20200612231823j:image

酒は、3〜4酒類くらい。最後の竹泉だけボトルを持ってきてくれたので撮影。

f:id:skyfrogs:20200612231929j:image

f:id:skyfrogs:20200612231839j:image

のんだ!生き返った。

テーブル席は埋まってたけど、間隔をだいぶあけてあって密にならないよう工夫されていたので、安心して過ごせた。女性ひとり客が多いのも、良い。また来よう。

 

ハバァナイスウィーケン!

 

酒量:ビールグラス1杯 日本酒3合?