のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

不思議な人が寄ってくる店

f:id:skyfrogs:20191218022523j:plain

もちろん翌日は二日酔い。ねむいけど、シェアオフィスを引っ越すという夫の手伝いのため、がんばって起きた。神田から大塚へ。

 

なんと「地酒屋 こだま」の隣だった。わーい。今度ゆっくり物色しに行くぞ。今日は先を急ぐので…。

f:id:skyfrogs:20191218022741j:plain

「ぼくは、酒が好きです。たぶん、酒もぼくが好きです」というオリジナルの旗が立っていた。これ、いいな。

好意の返報性ってやつか。それなら、私も好かれているはずだ。

 

ということで、木戸泉の復興酒を取りに方南町のいにしえ酒店へ。

家でも飲むのに? と言われながらも味見。うん、うまい。

ぬる燗がうめーぞ、と教えてもらったので、燗つけてもらったら、めっちゃ美味しい。やっぱり、「わたしも、酒が好きです。」

f:id:skyfrogs:20191218022432j:plain

ブレンドの年代は秘密だそうだけど、たぶんこれだな〜とか、くだらん話をしていたら、いろんな人が入れ替わりやってきた。

 

ぼく、酒造ってるんですよ、とにっこり笑う謎の人。遠くから来たと言っていた。最後までどこから来たか教えてくれなかった。酒蔵の方ではなさそうなのだが…。

昆虫大嫌いなのに昆虫の本をつくっていたという人もいた。今は介護の仕事をしているそうだ。いろんな人生があるな。

 

f:id:skyfrogs:20191218022455j:plain

 

ずらりと並ぶ良寛シリーズから、とりあえず、「良寛 純米にごり酒」を。想像以上の濁りだった。こってり。

f:id:skyfrogs:20191218022419j:plain
f:id:skyfrogs:20191218022425j:plain

 

続いて、前日に飲んだ花巴の衝撃をふたたび!と思い水酛をオーダー。残念ながら試飲がちょうど切れていたので、山廃で。衝撃はないけどおもしろい。

f:id:skyfrogs:20191218022453j:plain

 

定期的に飲んでる「車坂」。玉栄と五百万石のふたつがあったけど、燗にするなら玉栄の方がいいというので、そっちに。

f:id:skyfrogs:20191218022447j:plain

 

木戸泉だけでブレンドしたという、いにしえオリジナル。後味に木戸泉っぽさ残る。うめー。

f:id:skyfrogs:20191218022440j:plain

 

このお店で不思議な人に当たる確率は高い。古酒にはどういう引力があるんだろう。不思議な人たちの話をつまみに、お酒がすすんだ。


酒量:日本酒2〜3合