のんべえ手帖

お酒にまつわるいろいろ

ぶらり今庄宿。

f:id:skyfrogs:20191103010831j:plain

白駒は、しろこまと書いてはくこま。

午前中で取材が終わったので、あとはフリーダム。せっかくだからと、帰りがてら今庄駅で途中下車した。途中下車というか、いちど福井駅から敦賀駅まで特急で行ってから、北陸本線でふた駅もどる感じ。途中下車とは言い難し。

 

にしても、↓これを確かめに行くためだった。でも、降りてほんと良かった。

 

 

の前に福井駅で、栄養補給!

f:id:skyfrogs:20191103005623j:plain
f:id:skyfrogs:20191103005633j:plain
ヨーロッパ軒本店は駅から歩いて10分くらい。

ソースカツ丼

f:id:skyfrogs:20191103005702j:plain

おいしぃーーーーーー♪

f:id:skyfrogs:20191103005653j:plain

おつかれさまビールも!

 

特急しらさぎに乗って、たどり着いた敦賀駅は、閑散としていた。昔、7年くらい過ごした辻堂になんとなく似てなくもない。寂れた港町って感じ。

f:id:skyfrogs:20191103005736j:plain

 

電車まで時間があったので、散策。

f:id:skyfrogs:20191103005758j:plain
f:id:skyfrogs:20191103005747j:plain
なんと!

ソースカツ丼食べた後で、お腹いっぱいだし、さすがに時間もないので、お店には入らなかった。白駒、まだ置いてたのかも?

f:id:skyfrogs:20191103005813j:plain

ふしぎな家も。

f:id:skyfrogs:20191103005840j:plain

りっぱな神社も。

f:id:skyfrogs:20191103005821j:plain

そりゃ、松尾芭蕉も来るよね。

f:id:skyfrogs:20191103005855j:plain

びあだる専用ゴミ箱。

f:id:skyfrogs:20191103005908j:plain

さて、野を越え山を越え…

f:id:skyfrogs:20191103005918j:plain

今庄駅へ。

f:id:skyfrogs:20191103005931j:plain

山あいの小さな町なのに、コンパクトでいて歴史が詰まってる感がすごい。

えーと、このあたり、すごく歴史のある土地のようで。昔、江戸から山を越えてやってきた人が、越後に入るまえにここでいったんここで、泊まっていくという場所。つまり、宿場町というとこですね。今庄宿と言うらしい。

ちなみに、急に道が曲がっているのは、敵から避けるためだったりするらしい。

f:id:skyfrogs:20191103010919j:plain

家の形が独特。雪をよけたりするためなのかな。

 

で、本命の白駒さん。残念ながら門は空いてなかった。

f:id:skyfrogs:20191103010831j:plain

気になっていた白駒さん。

f:id:skyfrogs:20191103010810j:plain

おもしろい形の石垣。

f:id:skyfrogs:20191103010748j:plain

今庄じゃ、一番大きそうな蔵。

近くにあった畠山酒蔵に行ったついでに聞いてみたら、杜氏さんの体調不良で、昨年から休んでいるそうだ。造る人さえいればまた再開できそうなので、求む!後継者!

 

 

今庄宿には、白駒さん含めて4つの酒蔵が密集している。いずれも、創業が江戸時代からと古い。畠山酒蔵さんいわく、泊まっていく旅人のためのお酒を造るところから始まったそうだ。お酒ください、と頼んだら、試飲させてくれた。試飲したひやおろしと試飲してない「雪さらら」の山廃などをお買いあげ。普通酒は、貴宝船という銘柄。一升瓶しかなかった。前に、鹿児島で一升瓶を購入して担いで帰ったら、肩甲骨がつって2〜3日不自由だったことを思い出したので、買うのはやめた。

f:id:skyfrogs:20191103010949j:plain

11月1日から酒造りスタートだそう。

町を歩いていると、水の流れる音が聞こえてくる。大きくて立派な神社もいくつかあって、守られてる土地って感じがした。

f:id:skyfrogs:20191103011012j:plain

「聖乃御代」を造る北善商店さん。

 

f:id:skyfrogs:20191103011122j:plain

「鳴り瓢」を造る堀口酒造さん。

f:id:skyfrogs:20191103011047j:plain

「花と爆竹」なんかロックだ。

f:id:skyfrogs:20191103011210j:plain

こういう観光用の看板があちこちにある。

f:id:skyfrogs:20191103011249j:plain

ボケっと歩いてたら、電車1本乗り過ごした。

f:id:skyfrogs:20191103011259j:plain

シャラシャラ音がすると思ったら水路があった。

古くて立派な神社があった。

f:id:skyfrogs:20191103011311j:plain

次の電車まで1時間あるので、上までのぼってみた。
f:id:skyfrogs:20191103011324j:plain
f:id:skyfrogs:20191103011337j:plain
それはもう、すごい御神木でした。

あまりのパワーにびびった。畏れる。畏れ多くて鳥肌がたった。こんな木の前になったら、自分の小ささしか感じない。

神社を管理しているおばちゃんが、久々に登った人がいた、というので話しかけてきてくれた。 古くからある神社だけど、おばちゃんもいつからあるのか、正確なところは知らないと言っていた。

 

f:id:skyfrogs:20191103010938j:plain

梅肉

f:id:skyfrogs:20191103010928j:plain

醤油味噌麹やさんも。

ふらふらっと2時間くらいの途中下車だったけど、良かったな〜。


 

酒量:ビール、ワンカップ